「ギガ放題」の徹底比較!

Wimax2+「ギガ放題」の料金やメリット・デメリットを徹底比較しました。Wimax2+はインターネットで最も早い規格です。

LTEとWimaxの違いを徹底解説!

LTEとWimaxの違いを徹底解説してみました。LTEという言葉は携帯会社のCMで最近見るようになってきましたし、Wimaxはモバイルルーターの普及で多くの人が使っている規格です。

LTEとWimaxのどちらも無線Lanで、繋げれば高速インターネットができることは知っていると思いますが、そこから具体的な違いは、と問われると分からないことだらけだと思います。

そこで今回は、LTEとWimaxの違いを身につけ、自分に必要な無線LANの規格を知っておきましょう。

wimax-lte

 

スマートフォンはLTE、PCやタブレットはWimax!

LTEは「Long Term Evolution」の略で、最大速度最大110Mbpsを出せる規格です。ちなみに、最も新しい規格であるWiMAX2+は220Mbpsを出すことができます。速度の順番で表すと最も早い規格がWiMAX2+、次にLTE、最後にWimaxという順番です。

LTEは携帯電話用に構築された回線で、みなさんお馴染みの3Gや4Gなどがそれに当たります。Gとはgenerationの略で世代のことを表します。LTEは3.9Gにあたります。

3G(W-CDMA・cdma2000)、3.5G(HSDPA、HSUPA)、3.9G(LTE)

 

LTEの通信速度はWimaxよりも早く、対象エリアが広いので主にスマートフォンなどの携帯電話に使われています。LTEは速度制限がありますが、Wimaxは速度制限がないので、WimaxはPCやタブレットに好まれます。

少し分かりづらいので下記にまとめてみました。

・速度高速順:WiMAX2+、LTE、WiMAX

・速度規制なし:WiMAX

graphLTE2

 

LTEが規格の主流になりつつあるが、次はWimax2+!

世界的に通信規格の主流はLTEになりつつありますが、Wimax2+はその2倍の速さを出すことができます。通信技術の変遷は早いため、LTEが定着しそうだと思ったらWimax2+が登場したので、LTEを飛ばしてWimax2+が主流になるかもしれません。

もしこれからモバイルルーターを購入しようと思っているのなら、Wimax2+をお勧めします。速度が一番早いというのもありますし、Wimax2+で速度制限になった場合に、自動でWimaxに切り替えてくれるからです。

本サイトではWimax2+の使い放題プランであるギガ放題に焦点を当てて、各社の金額比較をしているので参考にしてみてください。

 

おすすめの関連記事!

WifiとWimaxの違いを徹底解説!

WimaxとWimax2+の違いを徹底解説!

Wimax2+とは

 

Wimax2+「ギガ放題・使い放題」徹底比較!

【月額最安】BroadWiMAX!

Broad Wimaxは月額料金最安で3,541円です。今なら最初の3か月間は2,856円になっていて、キャンペーン中は端末代金と初期費用が一切かかりません。純粋に月額3,541円なので料金体系が分かりやすく、今最もお得にWimax2+の「ギガ放題・使い放題」を契約したいならBroad Wimaxで決まりです。

【2年間運用で最安】GMOとくとくBB!

GMOとくとくBBは2年間運用すると最も安くなります。契約するモバイルルーターやキャンペーンによってキャッシュバックの額は変わってきますが、最大で3万円以上のキャッシュバックが可能です。キャッシュバックの手続きは、契約11か月目に送られてくる「ご指定口座確認通知メール」に返信をしなければなりません。これさえ忘れなければ2年間運用で最も安くなります。

【安心のSo-net】So-netモバイル!

3社の中で一番有名なのがSo-netモバイルでしょう。既に会員であれば月額料金から200円が値引きされたり、他社よりも高額なキャッシュバックのキャンペーンが定期的に開催されるので、その時期は3社の中で最安になります。このキャッシュバックのキャンペーンはいつ開催されるのか分からないので、その都度お伝えします。今の段階では、Broad Wimax、GMOとくとくBBに比べて少し高いです。

 - Wimax2+とは